カエルアンコウ属

これもなぁ、よく解りませんが『カエルアンコウ』。




カエルアンコウ(antennarius-striatus)

1996.09.10 大瀬崎・大川裏

【中性脂肪が気になる方に】ニッスイのトクホ、イマークS

んー、今回は、消去法で『カエルアンコウ』としました。(^^;

だって、特徴らしい特徴が無いじゃん。(笑)

で、いつものように、
だとして、、、
話を進めますが。

やっぱ、見かけるのはこの『カエルアンコウ』が一番多いんだと思います。
でも、この虎模様は少ないんじゃないかな?
関西のオバハンなのかな?

で、コイツは、ナイトダイビング中で、砂地を移動中でした。
こうやって、夜中に移動しているんだね?
『歩く』って、感じでしたが、泳ぐこともあるのかな?
見た記憶は無いけど。(つか、最近、記憶が曖昧。(笑))



昼間は、じっとしていて、獲物を待っているよね。
ただ、じっとしていて、近くに来るとバクってたべるけど、実はおでこの辺りにある『エスカ』っていう、掃除するときに使う『ハタキ』に似たヤツをいい感じに振って、小魚のエサのように見せかけて、おびき寄せることもあるし。ただ、そんなにおびき寄せていることもない気もするけどなぁ?
だいたいは、じっとしているだけに見えるけど。。。
でも、『エスカ』があるのだしなぁ?
必要のないものなら、退化するだろうし。。。(^^;
たかだか、数十分のダイビングでの観察では解りません。
(浅いところで2時間くらい見続けたこともありましたが解らん)

容姿の話ですが、時々、ボロボロになっている個体を見るけど、アレは何なのでしょうか?
しかもどういうわけか、この種だけが、そうなっている気がします。
(他の『カエルアンコウ』の仲間ではあんまり見た記憶が無く)
マンガでもの凄くショックを受けたオジサンみたいに、ズタボロになってるヤツです。
なんなんだろうなぁ。。。
しかもあの白髪の毛みたいなのは、奴らの皮膚の一部なのか?
それとも、何か藻類みたいなのが付いているのか。
あまりにものズタボロさに、写真をあまり撮らなかったのが、今にして思えば、残念。(ノω・、)
写真が出てきたら、追記しますね。

ではまた。(^^)/~~~


界■動物界(Animalia)
-門■脊索動物門(Chordata)
-亜門■脊椎動物亜門(Vertebrata)
--上綱■有顎上綱(Gnathostomata)
-----■魚類(Pisciformes)
-----綱■条鰭綱(Actinopterygii)
------目■アンコウ目(Lophiiformes)
-------科■カエルアンコウ科(Antennariidae)
--------属■カエルアンコウ属(Antennarius)
---------種■カエルアンコウ(Antennarius striatus)

魚水島 新潟・佐渡産 天然 あんこう アンコウ 一匹丸もの 3kg以上

新品価格
¥8,400から
(2018/4/22 11:20時点)

『下関のアンコウ鍋セット3~4人前)[冷凍]』(鮟鱇、あんこう)

新品価格
¥4,860から
(2018/4/22 11:20時点)


■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

日本産魚類検索 全種の同定

新品価格
¥37,800から
(2018/3/23 18:28時点)

日本産魚類生態大図鑑

新品価格
¥10,260から
(2018/3/22 13:30時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 13:57時点)

改訂新版 海水魚 ひと目で特徴がわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2018/3/22 13:58時点)

-カエルアンコウ属
-, ,

© 2021 z-divers.com