イソバナガニ属

ナイトダイビングで探せば見つかる『イボイソバナガニ』。




イボイソバナガニ(xenocarcinus-tuberculatus)

1996.09.10 大瀬崎・大川裏

【スルスルこうそ】

ワタクシ自身が、ナイトダイビングが好きだからかも知れませんが、見つかる率は昼間より高い気がします。
つか、昼間はどこに居るんだ? (ここに居る。この写真は昼間だもの。。。(笑))
根っこの砂の中? (^^;
根っこって、このしがみついているヤツね。コイツの根っこね。『ムチカラマツ』って言います。動物で、一応サンゴの仲間と言うことで。そいつに寄生しております。
サンゴの仲間なので、このブツブツが、ポリプで、本当は花が咲いているみたいに広がっているんだけど、こうやって寄生されているとポリプを閉じているので、居るか居ないかはすぐに解ります。
ただ、コイツに寄生するのは、他にも居りまして、必ずコイツとは限らないです。(^^;

でさぁ、、、
「コイツ、カニか?」
って、思わないですか?
「細長いし、エビじゃね?」
って、思わないですか? (^^;
で、分類で見て見るとですね、
『動物界』>『節足動物門』>『軟甲綱』>『十脚目』
までは、エビもカニも含まれます。
で、この下に、色々分かれるのですが、
もう、そのほとんどがエビ。(笑)
カニの仲間は『カニ下目』という仲間だけ。
で、コイツは、
『カニ下目』>『クモガニ科』>『イソバナガニ属』となるわけです。
納得いかんよなぁ?
「形からしてエビやん! (ノω・、)」
と思いませんか?
「エビなのに『ザリガニ』」
見たいなオチを期待していたのに。。。(笑)



さて、、、

この個体は、どうやら、オスのようです。鼻の部分が大きいので、多分オス。メスしか見たことがなかったので、
「何か、怪我でもしているのかな?」
と思って居たけど、どうやら、鼻の大きいのがオスらしい。
へ~~~。知らなんだ。(^^;

いくらカニでも、コイツは食わんわな? (^^;
なので、味も知りません。
全く、個人的な意見ですが、エビは虫っぽくって、あまり食欲が出ないのです。
(エビフライのようになっていれば別ですが)

あー、ここまで書いて、思ったのですが、、、
『ムチカラマツ』って、黄色しかなかったっけ?
あれ?
あれ?
あれぇぇぇ?
無かったっけ? (^^;
赤っぽいの、無かったっけ? (^^;
もしあったとしたら、赤い『イボイソバナガニ』も居るのかな?
解らんくなった。(^^;

ではまた。(^^)/~~~


界■動物界(Animalia)
-門■節足動物門(Arthropoda)
-亜門■甲殻亜門(Crustacea)
---綱■軟甲綱(Malacostraca)
---亜綱■真軟甲亜綱(Eumalacostraca)
----上目■ホンエビ上目(Eucarida)
------目■十脚目(Decapoda)
------亜目■抱卵亜目(Pleocyemata)
-------下目■短尾下目(Brachyura)
--------上科■クモガニ上科(Majoidea)
----------科■Inachidae科(Inachidae)
----------亜科■Epialtinae亜科(Epialtinae)
-----------属■イソバナガニ属(Xenocarcinus)
------------種■イボイソバナガニ(Xenocarcinus tuberculatus)

甲羅組 カット 生 ズワイガニ 1kg 特大&極太サイズ お刺身もOK 約4人前 …

新品価格
¥6,480から
(2018/4/16 20:02時点)

訳あり 【鳥取県境港産】ボイル紅ずわいがに A級品・B級品混合セット(8~10枚・約3kg)

新品価格
¥5,000から
(2018/4/16 20:02時点)

北海道 生ズワイガニ ポーション 不揃い 折れ込 訳あり 持ち手無 フルカット 生 ずわい蟹 かに むき身 (500g)

新品価格
¥2,950から
(2018/4/16 20:03時点)


■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

海辺のエビ・ヤドカリ・カニハンドブック

新品価格
¥1,512から
(2018/3/22 15:24時点)

海の甲殻類 (ネイチャーガイド)

新品価格
¥38,773から
(2018/3/23 18:52時点)

-イソバナガニ属
-, , ,

© 2021 z-divers.com