アオウミウシ属

『シモダイロウミウシ』だったのね? (^^;




シモダイロウミウシ(Hypselodoris shimodaensis)

1997.06.01 大瀬崎・一本松

以前、ワタクシが利用していた図鑑には、載っていなかったので、不明のウミウシとしてほったらかしていたのですが、今回ブログを書くに当たって、調べてみることにしました。

初月無料であなたにもダイエットコーチを

方法は、至って簡単。。。
「こりゃ、たぶん『フジイロ ウミウシ』って感じじゃない? (´・ω・`)」
って、ことで、ググってみると、似たのがいっぱい出てきたので、とりあえず、この名前にしておきました。。。(^^;
グーグルの画像検索で見つかった写真と比べて、似ている点は、
「体、全体がフジイロ」
「背中に白線」
「体の縁にも白線」
「触覚(ツノみたいなの)と鰓(尻尾のようなフサフサ)がオレンジ色」
って、ところですかねー。
ぱっと見で、
「これはフジイロウミウシや~~~! (^^)」
って感じですよね? (^^)

ただ、ちょっと、引っかかるのは、
「背中の白線が滅茶苦茶細い」
「その白線が、エラの根元を巻くようになって居る」
と言うことです。
この2点は、画像検索で出た写真とあきらかに違います。
「単に個体差かなぁ? (´・ω・`)」
とも思うんですが、解りませんです。涙
あとは、かなり小さな個体だったので、若いから線が細いのかなと。。。(^^;

でも、一度、図鑑を調べてみたいとおもいます。
で、調べたら、間違っておりました。(笑)



えと、やっぱ、フジイロウミウシじゃ無いらしいです。
シモダイロウミウシ(Hypselodoris shimodaensis)と言うらしいです。

そんなウミウシが居たのかぁ。。。
写真は撮っているのに、記憶に全然残ってないなぁ。。。(^^;

ではまた(^^)/~~~


界■動物界(Animalia)
-門■軟体動物門(Mollusca)
--綱■腹足綱(Gastropoda)
--亜綱■直腹足亜綱(Orthogastropoda)
---上目■異鰓上目(Heterobranchia)
-----目■裸鰓目(Nudibranchia)
-----亜目■ドーリス亜目(Doridina)
------上科■ドーリス上科(Doridoidea)
--------科■イロウミウシ科(Chromodorididae)
---------属■シラユキウミウシ属(Noumea)
----------種■フジイロウミウシ(Noumea purpurea)

■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

世界で一番美しい海のいきもの図鑑

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 14:18時点)

ウミウシ―生きている海の妖精 (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,456から
(2018/3/22 14:20時点)

ウミウシ―不思議ないきもの

新品価格
¥1,512から
(2018/3/23 15:39時点)

世界の美しいウミウシ

新品価格
¥1,944から
(2018/3/22 14:21時点)

ウミウシ―不思議ないきもの

新品価格
¥1,512から
(2018/3/23 15:39時点)

美しく不思議なウミウシ

新品価格
¥1,512から
(2018/3/23 15:41時点)

ひみつのウミウシ―分類のコツから撮影方法、楽しみ方まで

新品価格
¥2,500から
(2018/3/23 15:42時点)

-アオウミウシ属
-, , , , ,

© 2021 z-divers.com