多岐腸目(ヒラムシ目)

これまた不明。ヒラムシの仲間。

不明ヒラムシ(polycladida)

1997.06.01 大瀬崎・岬の先端

2018-02-12
そもそも、ヒラムシなのかなぁ? (^^;
色々調べたけど、なにも解らんわ。。。(^^;

調べたのですが、種を決めるようなものにたどり着くことはなかったです。
ただ、同種かなと思われるような写真とかネット上に見つかりましたが、やはり『ヒラムシの仲間』としているだけのことが多く、種は解りません。

まぁ、ヒラムシ自体が謎の生物ですからねぇ。。。(^^;
今回は『ヒラムシの仲間』、あるいは『ヒラムシ目(Polycladida)』として色々調べてみたいと思います。

まず、なにものか?
と言うことですよね?
一見してウミウシに似ているのですが、ウミウシは『動物界』のなかの『軟体動物門』というグループに属しています。
大きな分類でざっくり言うと、カイやイカ、タコもこの中なのです。
で、問題のヒラムシですが『動物界』のなかの『扁形動物門』というグループに属しています。
『動物』というレベルでしか、ヒラムシとウミウシは同じグループと言えないんですよね?
「植物じゃないんだよ」
と言うレベルだと言うことです。すごい違いだなぁ。。。(^^;

さて、じゃぁ、その『扁形動物門』ですけど、解りやすい仲間をあげるとすると『サナダムシ』とかが仲間ですよ? (^^; (^^; (^^;
ひょ~~~! (^^;
まぁ、でも、扁形動物門自体ももの凄く大きなグループですので、もう少し絞り込むと、ヒラムシは『渦虫綱(うずむしこう)』というグループになるみたいです。
コイツらの特徴は、扁平で、口はあるが肛門がないらしい。。。謎。(^^;
口の後ろに生殖器があるが、雌雄同体。。。謎。(^^;
※世の中雄と雌がはっきりしている動物の方が圧倒的に少ないらしいです。(^^;

まぁ、ええわ。
で、その渦虫の仲間の中に『ヒラムシ目』というのがあるらしいです。
この仲間が、ヒラムシと言うことですよね。(^^;

もっと詳しく書きたいのですが、字数の関係もありますので、特筆すべきことだけを。(^^;

★ペニスフェンシング
雌雄同体ですが、生殖器(口の下にあるのか?)で戦うらしいです。
んで、勝った方がオスとして、生殖器を負けた方の体に刺して精液を入れて立ち去るらしいです。
負けた方は、メスとして卵を産むらしいです。
もの凄い話ですね? (^^;
見てみたいです。(^^;

ではまた。(^^)/~~~

-多岐腸目(ヒラムシ目)
-

© 2021 z-divers.com