チョウチョウウオ属

チョウチョウウオの仲間『シラコダイ』。

シラコダイ(chaetodon-nippon)

1993.03.30 大瀬崎・一本松

熱帯魚、って感じの魚ですよね? (^^)
チョウチョウウオ科に属する魚はほとんどそんな感じですかね?
単独でいるときと、群れでいるときがありますが、あれはなんでだろうか?
かなり大きな成魚でも群れていたりすますよね。
悠然と泳ぐような感じではなく、割と忙しくしています。
あと、気が強い方かな。
スズメダイのように、人間に対して威嚇するようなことはないですが、
割と、他の魚に対しては神経質なようで、追いかけ回していたりします。
縄張り意識が強いのかな?
でも、単独でいるときは縄張りを持っている感じがしないのだけど。
群れは、割と、その場にとどまっている感じだけどね。

食味ですが、美味しい部類だと思います。
販売されているのは見たことがないので、釣るしか食べることはできないですね。
漁港に近い民宿とかに泊まれば出てくるかも知れませんが。
いずれにしても、早く処理しないと臭くなるようです。
(これは、聞いた話。(^^;)
ワタクシは、偶然釣り上げたことがありますが、
いずれも小さく、食べるのが面倒そうなので、リリースしております。(^^;
この魚をメインに釣る人は居ないと思われ。(^^;
リリースが一般的でしょうね。
大きいのは沿岸部には居ないと思うので、小さいのを持って帰る人は少ないでしょうね。
ただ、家族連れに釣られると、、、(^^;
死ぬまでバケツの中で、死んだら捨てられるという。。。(ノω・、)
そういうのは、よく見かけます。(ノω・、)
食べないものは、逃がして上げましょう。(^^)

と言うことで、めっぽう、観賞魚としての利用が多いのかも知れません。
ただ、ダイビングでは、あんまり人気無いですよね? (^^;
割と普通にいるから飽きられちゃうのか、
チョウチョウウオの仲間としては、地味なのか? (^^;
地味な花には気づいてくれないーーー。by AKB48

ではまた。(^^)

-チョウチョウウオ属
-

© 2021 z-divers.com