サクラダイ属

大きいメスがオスになる『サクラダイ』。




サクラダイ(sacura-margaritacea)

1996.11.09 大瀬崎・湾内

タイトルにあるように、メスからオスになります。
オス1匹と、数匹~十数匹のメスの群れで暮らしていますが、その中で大きなメスがオスになるということです?
それで新しいはーれむができるのですね。
この写真の個体は、オスになったばっかりかな? 何となく、メスのオレンジ色が残っていたのでそう思いました。
時々もっと中途半端なのを見かけることがありますが、あれは性転換の途中なのですかね?
週一ベースの観察だったので、よくわかりませんが、結構長い間中途半端なのが居た気がします。。。(^^;
まさかとは思うが、自分より大きなメスがオスになったので、元々のオスがメスに戻る途中とかですかね? (^^;
そう言う魚もいないわけではないですが、サクラダイでは聞いたことがありません。

保険はプロに相談!無料相談「ほけんのFP」

サクラって学名に『sacura』って表記になるのですね? (^^;
そう言う学名なので、日本の固有種と思って居ましたが、パラオとかにも居るのですね?
海は繋がっていますから全然おかしくはないですけど、なんか釈然としないものがありますよね。日本人がそう思うのですから、パラオ人の気持ちはもっと複雑なのかもしれませんよね? (^^;
後生までずっと

『ハタ科』なので、割と美味しい。
(季節に寄るのかも知れませんが、パサパサの時も。(^^;)
(たぶん、産卵期の8月から10月くらいは旨い)
沿岸の岩礁帯に居るので、たぶん底引き網とかではかからないのだろうけど、釣りではときどき釣れます。
ダイビングを始めてから、性転換のことを知ったので、オスを釣ってしまったときは、非常に申し訳ないことをした気分になる。(ノω・、)


釣り人の間では『サクラダイ』と言えば、この魚のことではなく、春先に産卵に沿岸に近寄ってくるマダイのことを言うので、釣り人からは割とマイナーなのかもです。
マダイの乗っ込みとか言って、春先に釣り雑誌で特集が組まれたりしますよね。この季節だから、マダイを『サクラダイ』っていうみたいです。ややこしいです。(^^;

で、食べ方ですが、塩焼きが無難ですかね?
メスが美味しかったのか、オスが美味しかったのか、特に記憶にございません。(^^;
ぶった切って、みそ汁とか潮汁とかもOKだと思います。
もし、大量にとれて努力を惜しまないのなら、練り物にすると最高だと思われ。。。
サクラダイのかまぼことか、最高!!! (^^)v
美味しいけどもの凄く手間がかかるし、歩留まりが悪すぎるので二度と作る気はしません。(^^;

ではまた。(^^)/~~~


界■動物界(Animalia)
-門■脊索動物門(Chordata)
-亜門■脊椎動物亜門(Vertebrata)
--上綱■有顎上綱(Gnathostomata)
-----■魚類(Pisciformes)
-----綱■条鰭綱(Actinopterygii)
------目■スズキ目(Perciformes)
------亜目■スズキ亜目(Percoidei)
--------科■ハタ科(Serranidae)
--------亜科■ハナダイ亜科(Anthiinae)
----------属■サクラダイ属(Sacura)
-----------種■サクラダイ(Sacura margaritacea)

越後桜酒造 大吟醸 越後桜 瓶 1800ml [新潟県]

新品価格
¥1,998から
(2018/4/24 10:08時点)

■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

日本産魚類検索 全種の同定

新品価格
¥37,800から
(2018/3/23 18:28時点)

日本産魚類生態大図鑑

新品価格
¥10,260から
(2018/3/22 13:30時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 13:57時点)

改訂新版 海水魚 ひと目で特徴がわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2018/3/22 13:58時点)

-サクラダイ属
-, ,

© 2021 z-divers.com