ダテハゼ属

エビと共生する『ダテハゼ』。けど、この写真にエビは無し。(ノω・、)




ダテハゼ(Amblyeleotris japonica)

1993.10.31 大瀬崎・湾内

たぶん『ダテハゼ』。
まぁ、共生していないこともあるだろうし。。。
見た感じでしか言えないけど、ダテハゼ。
ただ、ダテハゼって仲間がいっぱい居るんだよね? (ノω・、)

んで、ネットで『ダテハゼ』を検索すると『ニチリンダテハゼ』がいっぱい出てくるんだよね。。。(^^;
「あーーー、そうかい、そうかい。普通のダテハゼですみませんでしたねっ!」
ダテハゼは、見向きもしてくれないくらい、沢山居るのでしょうね。。。(^^;
実際、ダイビング中に観察している人も見ないもんなぁ。。。
それに比べてニチリン君はスターだよね。。。
どうせ『ただのダテハゼ』っすから。。。涙

ハゼはですねー、本当に種類が多くてですねー、一応写真は撮るのですが、図鑑で名前を調べたりしておりません。(^^;
(コイ科の次に大きなグループらしいです。涙)
(鯉とか金魚って、品種じゃないのか? (^^;)
好きな人は好きですよね? (^^;
「じゃ、今回、ちょっとやってみるか」
と、このダテハゼらしきものから手をつけたのですが、よく解りません。(^^;

で、、、
しょうが無いので「そもそもハゼとは?」という辺りか探ってみますかね? (^^;

ワタクシの予想では『スズキ目』>『ハゼ科』。
この中にダテハゼは入っているのかな?
Wikipedia にもダテハゼの記述がないぞ? (^^;
そんなに人気が無いのか? (^^;
他のサイトを見てみると、スズキ目>ハゼ科>ダテハゼ属 となって居ました。
ふみふみ。。。(´・ω・`)
学名が『Amblyeleotris japonica』って、なってますね。
『japonica』? 日本の固有種? あれ? でも生息域に「インド・西太平洋」ってあるわ。(^^;

天ぷらとか唐揚げで食べるらしい。
と言うことは、釣るのかな?
ダテハゼが釣られると、頼りに生きているテッポウエビはどうなっちゃうの?

う~~~ん。
予想どおり、解らないことだらけですね。(^^;
まぁ、身近な魚なので、そのうち正体がわかるでしょうよ。(^^)v

では、また。(^^)/~~~


 

界■動物界(Animalia)
-門■脊索動物門(Chordata)
-亜門■脊椎動物亜門(Vertebrata)
--上綱■有顎上綱(Gnathostomata)
-----■魚類(Pisciformes)
-----綱■条鰭綱(Actinopterygii)
------目■スズキ目(Perciformes)
------亜目■ハゼ亜目(Gobioidei)
--------科■ハゼ科(Gobiidae)
--------亜科■ハゼ亜科(Gobiinae)
----------属■ダテハゼ属(Amblyeleotris)
-----------種■ダテハゼ(Amblyeleotris japonica)

マニアックな海系エコバック  だてはぜ

新品価格
¥1,728から
(2018/3/23 21:27時点)

(海水魚 エビ)グリーンタイガーピストルシュリンプ(1匹) 本州・四国限定[生体]

新品価格
¥1,962から
(2018/3/23 21:27時点)


■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

日本のハゼ―決定版

新品価格
¥9,800から
(2018/3/23 21:28時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/23 21:29時点)

ハゼガイドブック 改訂版

新品価格
¥3,240から
(2018/3/23 21:29時点)

日本産魚類検索 全種の同定

新品価格
¥37,800から
(2018/3/23 18:28時点)

日本産魚類生態大図鑑

新品価格
¥10,260から
(2018/3/22 13:30時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 13:57時点)

改訂新版 海水魚 ひと目で特徴がわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2018/3/22 13:58時点)

-ダテハゼ属
-,

© 2021 z-divers.com