ウツボ属

前回とは裏腹に『ウツボ』は恐いぞ。




ウツボ(gymnothorax kidako)

1993.10.31 大瀬崎・湾内

どんな食事にもサッとかけるだけでタンパク質が摂れる!栄養補助食品【ごっちゃんごはん】

普通のウツボだと思うんだけどなぁ。。。(^^;
ちょっと、若めの個体なのかなぁ?
それとも、ウツボの仲間で、別の種類なのかなぁ? (^^;

前回、
「本当は、大人しく、優しい、『ウツボ』」
と言うのを書いたのですが、まぁ、あれは、生態の一部と言うことで。。。

今回は、見た目のように、凶暴な一面を。(^^;
実は、、、
岩場を這い上がってきたりします。(^^;
這い上がるところを見たわけではないのですが、岩場でクロダイの釣りをしているとき、別の釣り人が、
「うわぁぁぁあああ」
と、悲鳴をあげたので、行ってみると、這い上がってきたそうです。
水面からすぐそこでしたけど。
でも、魚が自ら水の中から出てくるとは思えなかったのですが、本当に這い上がってきたそうです。
その磯に渡してくれた、渡し船のおっちゃんに聞くと、やはり、陸に上がってくるそうです。。。(^^;
オオコワ。(^^;

で、、、
上がってきて、何をするのかというと、潮だまりとかに取り残された小魚とかを食べに来るらしいですよ。(^^;
皮膚呼吸ができるというのは、恐ろしい限りです。(^^;

たぶん、、、
これは、想像ですが、、、
ウツボが釣れると、皆さん、やはりコワイし、困るようです。
それで、糸を切り、そこら辺に捨てるのでしょうが、皮膚呼吸ができるので、普通の魚のようにすぐに死ぬわけではなく、なんとか海に戻るのでしょうかね?
そんで、その時の様子とか、覚えていて上がってくるのかも知れません。。。
オオコワ。。。(^^;

そんなウツボですが、地域によっては好んで食べるところもあります。
ワタクシも佃煮のようなのを食した記憶があるのですが、佃煮になっちゃうと、もう、素材がどうのとかのレベルではなくなるので、
「美味しかった」とか、「美味しくなかった」とかのコメントは控えさせていただきます。
イナゴだって、佃煮になるとねぇ? (笑)

次回は、また、別の視点から。。。(^^)v


 

界■動物界(Animalia)
-門■脊索動物門(Chordata)
-亜門■脊椎動物亜門(Vertebrata)
--上綱■有顎上綱(Gnathostomata)
-----■魚類(Pisciformes)
-----綱■条鰭綱(Actinopterygii)
-----下綱■真骨下綱(Teleostei)
------上目■カライワシ上目(Elopomorpha)
--------目■ウナギ目(Anguilliformes)
---------科■ウツボ科(Muraenidae)
---------亜科■ウツボ亜科(Muraeninae)
-----------属■ウツボ属(Gymnothorax)
------------種■ウツボ(Gymnothorax kidako)

 

和歌山県産 うつぼ 揚げ煮 お徳用 225g (45g×5)

新品価格
¥2,000から
(2018/3/23 21:10時点)

高知県産 名物 うつぼのたたき 200g スライスパック詰め

新品価格
¥1,700から
(2018/3/23 21:11時点)

■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

日本産魚類検索 全種の同定

新品価格
¥37,800から
(2018/3/23 18:28時点)

日本産魚類生態大図鑑

新品価格
¥10,260から
(2018/3/22 13:30時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 13:57時点)

改訂新版 海水魚 ひと目で特徴がわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2018/3/22 13:58時点)

-ウツボ属
-, ,

© 2021 z-divers.com