アケウス属

『アケウス』みたび。





アケウス(Achaeus japonicus)

1996.09.14 大瀬崎・湾内


グロースプロジェクトブラックサプリメント

前回も前々回もクモに似ているとか、名前の話で終わっちゃってるのね? (^^;
内容も繰り返しだし。。。(^^;

こうやって体中に異物を付けて擬態しているつもりなのか知りませんが、かえって目立ちませんかね? (^^;
そりゃ~、これで全く動かなければ、
「あ、カイメンかぁ。」
と、素通りしますが、口元辺りが、いつも動いてますからね? カニの類いってそうですよね。

アケウス(Achaeus japonicus)

1996.09.14 大瀬崎・湾内

拡大して見ました。
なんだろうね? この紫色のは? (^^;
この2本出ている手みたいなので、まるで猫が顔を洗うような仕草で、グシュグシュやっているよね?

ちょっと、この写真は、見続けると来る物があるな? (^^; 虫嫌いには特に。。。(^^;

アケウス(Achaeus japonicus)

1996.09.14 大瀬崎・湾内

別の角度からです。
黄色いのがカイメン。フサフサしているのがヒドラという、これも立派な動物。
で、このアケウスがカイメンをちょん切って、自分好みに体につけて居るわけですけど、ヒドラはそのカイメンのオマケでついてくるのかな? (^^;
動物界では、全然別の動物同士が協力し合って暮らす『共生』という方法があるのですが、これはあくまでお互いにメリットがある場合に言えることで、片方にしかメリットがない場合は『寄生』となるわけですよね。
人間もメリットを共有できるなら友達ですが、
「オイ、あんパン買って来いよっ! (`´)」
とか言うのは、ほぼ、寄生に近いと思われ。。。(^^;
じゃぁ、この場合、カイメンやヒドラ側にはメリットがあるのか? かっ? (´・ω・`)
解りません。。。(^^;
ただ、カイメンの場合、切り取られて貼り付けられているわけでして、嫌なら剥がれればよいものを定着してしまうと言うのは、何らかのメリットがあるのかもしれません。(^^;

それにしても不思議なのは、カイメンを体中に貼り付けることもそうなんだけど、それを誰からも教えてもらわないのに、知っているというのがもの凄く不思議です。(^^;

ではまた。(^^)/~~~

日本の淡水性エビ・カニ: 日本産淡水性・汽水性甲殻類102種 (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/20 21:00時点)

界■動物界(Animalia)
-門■節足動物門(Arthropoda)
-亜門■甲殻亜門(Crustacea)
---綱■軟甲綱(Malacostraca)
---亜綱■真軟甲亜綱(Eumalacostraca)
----上目■ホンエビ上目(Eucarida)
------目■十脚目(Decapoda)
------亜目■抱卵亜目(Pleocyemata)
-------下目■短尾下目(Brachyura)
--------上科■クモガニ上科(Majoidea)
----------科■Inachidae科(Inachidae)
-----------属■アケウス属(Achaeus)
------------種■アケウス(Achaeus japonicus)


-アケウス属
-, , ,

© 2021 z-divers.com