シマウシノシタ属

『シマウシノシタ』にしておこうっと。(^^;




シマウシノシタ(Zebrias zebrinus)

1994.01.08 大瀬崎・ナイト

クリルオイルならクリルオイルピュア100

カレイ目>ササウシノシタ科>シマウシノシタ属>シマウシノシタ と言うことでございます。
見た目がそっくりな魚が結構居るんですけど、
「まっ、シマウシノシタでよいかなぁ。。。(^^;」
と。。。(^^;
ついに日本産魚類検索がバラバラに分解されてしまったので、
「まぁ、シマウシノシタでよいかなぁ。。。(^^;」
と。。。(^^;

ムスメウシノシタの時にも書きましたけど、牛の舌って、平べったくないと思うんだけど? (^^;
肉屋で売っているのを見たら、棒状だよね? (^^;
最初にそう言う名前つけちゃったので押し切っているのかな? (^^;

大瀬の湾内だと、ナイトでたまに出会います。
すごく貪欲で獰猛ですね。
これも何かを捕食してます。
興奮してるのか、胸びれが立っちゃってますものね? (^^;
このときは結構泳ぎ回って居りました。
上下にうねるようにして2~3m泳いでは休憩。
と言う感じでしたよ。

前に、『ザ! 鉄腕! DASH!!』と言う番組で、これを捕まえたとき、専門家の先生が、「初めて見た」と言ってたけど、そんなに珍しいのかなぁ? (^^;
東京に来たとき、三浦半島によく釣りに行っていて、別の人がシマウシノシタを釣り上げたとき、地元の漁師さんが、
「東京辺りじゃ、シマシタビラメって言うんだよ」
とか、言っていた気がするんだけど? (^^;
たぶん、数は多くないかもしれないけど、東京湾にも普通に居るんだと思われ。

昔は『ツルマキ』というのが標準和名だったらしいです。
紐を巻き取った感じでそう言ったのかなぁ?
でも、そっちの方が良い感じがするんですけど。(^^)

たぶん、この魚は食したことはないと思います。
あれだけなんにでも襲いかかって食べているのだから、きっと美味しい魚だとは思うんですけど、期会が無かったです。
売っているのも見た記憶がありませんし。
よほど数が少ないのですかねー?
でも、定置網とかには入りそうなので、地元で消費されているのかなー?
と言うことで、旬とかも知りません。(^^;

ではまた。/~~~


 

界■動物界(Animalia)
-門■脊索動物門(Chordata)
-亜門■脊椎動物亜門(Vertebrata)
--上綱■有顎上綱(Gnathostomata)
-----■魚類(Pisciformes)
-----綱■条鰭綱(Actinopterygii)
------目■カレイ目(Pleuronectiformes)
-------科■ササウシノシタ科(Soleidae)
--------属■シマウシノシタ属(Zebrias)
---------種■シマウシノシタ(Zebrias zebrinus)

淡水シタビラメ(約 cm)<1匹>[生体]

新品価格
¥1,059から
(2018/3/22 18:43時点)


■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

日本産 魚類検索―全種の同定

中古価格
¥6,200から
(2018/3/22 13:29時点)

日本産魚類生態大図鑑

新品価格
¥10,260から
(2018/3/22 13:30時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 13:57時点)

改訂新版 海水魚 ひと目で特徴がわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2018/3/22 13:58時点)

-シマウシノシタ属
-,

© 2021 z-divers.com