ヨソギ属

寝ぼけている『ヨソギ』。(^^;




ヨソギ(Paramonacanthus japonicus)

1993.11.08 大瀬崎・一本松

キャッシング・ローンのことならフクホーへ!

昼間なんですけど、寝ぼけてますよね。
まぶたなんてないはずなのに、眠そうじゃないですか。。。(^^;
夜は確かにこうやって何かに掴まって寝ていることが多いんですけど、もう、お昼なのになぁ?
朝に弱いタイプの個体だったのですかね?
まぁ、でも、ときどき、こういうのが居ますよね? (^^;
はじめ、『アミメハギ』かなと思ったのですが、この眠そうな顔をヨソギですよね。(笑)
ただ、カワハギ科の幼魚は見分けづらいというか、同じに見えますよね? (^^;

フグ目>カワハギ科>ヨソギ属>ヨソギ です。
ヨソギは、成長すると、オスはもっと細長いウマヅラハギのような姿で、尾びれの上と真ん中の軟条が伸びてくるみたいです。
メスは、もう少し背高ですよね。
幼魚は、カワイイのですが、成魚になるとそうでもないので、見向きもされなくなります。(^^;
確かに一年中居ますし、そんなに派手な感じではなくなるので仕方が無いのかもしれませんが、ダイバーって、冷たい。。。(^^;

想像するに、ヨソギは余所着(よそぎ=よそ行きの衣服)から着ているのですかね?
ワタクシが、幼少の頃は確かに『余所着』なるものがありまして、それは汚したりしてはいけないものとして、大切に使うような感じでした。
今時、そういうのはないのかな?
『勝負服』とかとはまたちょっと違うだろうし。。。(^^;
まぁ、この魚の漢字かどうかは解りませんけど。(^^;

先ほど書いたように、オスとメスがすこし体型が違うので見分けることができるのですが、産卵については謎な部分もあります。
ほぼ、一夫一婦制のように思うのですが、一夫多妻かまたはその逆の一妻多夫か解らないようなシーンも見かけます。
「見かけます」
というのは、事実がわからないのです。
産卵期がちょうど夏頃なんですが、この頃、大瀬の潜水時間が18時までで、その後、19時からナイトで潜れるのですが、ちょうどそのくらいに産卵行動になるようなので、現認できてません。
当時、友人などには、
「ずっと潜っていればバレないんじゃない? (笑)」
と言う話もありましたが、それでは晩飯が抜きになっちゃいます。涙
ずっと一年中居る魚とは言え、産卵期とかにはそうそう巡り会えることもないので、マジに考えましたけど、晩ご飯の誘惑に勝つことはなかったです。(ノω・、)

ではまた。(^^)/~~~

 

界■動物界(Animalia)
-門■脊索動物門(Chordata)
-亜門■脊椎動物亜門(Vertebrata)
--上綱■有顎上綱(Gnathostomata)
-----■魚類(Pisciformes)
-----綱■条鰭綱(Actinopterygii)
------目■フグ目(Tetraodontiformes)
-------科■カワハギ科(Monacanthidae)
--------属■ヨソギ属(Paramonacanthus)
---------種■ヨソギ(Paramonacanthus japonicus)

山形県産 ウマヅラハギ 500g5~6尾×3パック 冷凍 鮮魚セット カワハギ ウマズラハギ

新品価格
¥3,218から
(2018/3/22 17:51時点)

■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

日本産 魚類検索―全種の同定

中古価格
¥6,200から
(2018/3/22 13:29時点)

日本産魚類生態大図鑑

新品価格
¥10,260から
(2018/3/22 13:30時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 13:57時点)

改訂新版 海水魚 ひと目で特徴がわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2018/3/22 13:58時点)

-ヨソギ属
-, ,

© 2021 z-divers.com