サラサエビ属

本当にどこにでも居る『サラサエビ』。

サラサエビ(Rhynchocinetes uritai)

1993.08.29 大瀬崎・ゴミ捨て場

隠れているのですが、量的には、わんさか居るんでしょうね。(^^;
こうやって、のぞき込めば、どの岩陰にも居るような感じですね。

写真は、撮影したまんまの一なんですが、逆さまになってますよね?
イセエビとか他のエビもそうなんですが、こうやって天地関係なくいることが多いのですけど、これは何なんですかね? (^^;
まぁ、水中なので大して重力を感じることはないので、ひっくり返って岩に掴まっている方が疲れるとか、そう言うことはないのでしょうけど、ものの見え方がねぇ? (^^;
まぁ、宇宙空間みたいな感じなのですかね?

生物全体的に言えますが、いっぱい居るものは人気がないです。(^^;
まぁ、このエビも絶対的に居ますから、人気はないです。
で、人気のない生物は情報も少ないです。
ググってもあんまり詳しい情報は出てこないですね。。。
飼育とかは紹介されて居るみたいですけど。
英名だと、Cleaner shrimp なんですね。
まぁ、死体を食べたりしているので、クリーナーなんでしょうね。
他の魚のクリーニングとかもするのかな?
素手だったりすると、安全停止で岩とかに掴まっていると、乗ってきたりするけどあれは、指をクリーニングしに来たのか、死体を食べに来たのか? (^^;

質量的にあれだけ居るんだから、食べられないのか?
んーーー、遙か昔、、、
子供の頃の記憶ですが、空き牛乳瓶にパンを詰めて、あれを釣っていた記憶がありますが、、、
その後食べたのかどうか、記憶がありません。
なにか、別の動物のエサにしていた気もするのですが、、、曖昧です。(^^;
まぁでも、あれだけ臆病なんだから、大量に獲るのは難しそうですよね?
泳ぎ回っているエビは網でとれるけど、牛乳瓶じゃぁなぁ? (^^;
あっ、そうだ。
牛乳瓶であれを釣って、それをエサに何か釣っていた記憶が。。。(^^;

話はそれましたが、ダイビング中に見かけたら、じっくり観察すると面白いと思いますよ。(^^)

ではまた。(^^)/~~~

界■動物界(Animalia)
-門■節足動物門(Arthropoda)
-亜門■甲殻亜門(Crustacea)
---綱■軟甲綱(Malacostraca)
---亜綱■真軟甲亜綱(Eumalacostraca)
----上目■ホンエビ上目(Eucarida)
------目■十脚目(Decapoda)
------亜目■抱卵亜目(Pleocyemata)
-------下目■コエビ下目(Caridea)
--------上科■イトアシエビ上科(Nematocarcinoidea)
----------科■サラサエビ科(Rhynchocinetidae)
-----------属■サラサエビ属(Rhynchocinetes)
------------種■サラサエビ(Rhynchocinetes uritai)

-サラサエビ属
-,

© 2021 z-divers.com