シビレエイ属

本当にしびれる『シビレエイ』。

シビレエイ(Narke japonica)

1997.04.29 大瀬崎・湾内

「見たくもない」
と言う人も多いかも? (^^;
『シビレエイ』です。(^^)
これ、、、
知らなかったのですが、、、
ちゃんと『シビレエイ目』という独立した目なのですね? (^^;
エイとかひとくくりにされているものだと、ずっと思って居りました。
まぁ、それだけ、進化の仕方が違うと言うことか?
しかも、軟骨魚綱という、他の魚とは綱まで違うのだからビックリ。(^^;
で、、、
シビレの元ですが、電気なんですね?
静電気に悩まされている身としては、それを聞いただけでも見たくもないです。(^^;
外敵から身を守るためなのか、捕食のタメなのか知りませんが、迷惑なやっちゃなー。(ノω・、)

オラは、食したことがないですが、食べるらしいです。
美味しくないと思うんだけどなぁ。。。(^^;
まぁ、好き好きですね。(^^;

生態ですが、泳いでいるのはあまり見たことがなく、大抵底に張り付いていてじっとしています。
でも、口は真下なので、じっとしていると、何も食べられないんだろうと思うけどなぁ。。。
何をしているのですかね? (^^;

と言うことで、あまり人気があるとは思えません。
容姿がこれだし、色もこれだしね。(^^;

まぁ、人間の関わり合いは、好きな人が食べる以外はないのかな?
と、思ったら、、、
あの、、、
あの、理化学研究所が、なんと、、、
『シビレエイ発電機』というのを研究しているのですね? (^^;
あの、理化学研究所がですよ?
これは、大事件です。
ただ、さすがに、理化学研究所。
読む気がしない文章でした。(^^;
あっさり、ページを閉じてしまうと言う。。。(笑)
「60秒で解る」
とキャッチが付いているのですが、
「5秒も居られない」
と言うのが、オラの感想です。(^^;
まぁ、要は、そう言う時代が来るかも知れないと言うことですかね?
エンジンの代わりに、ボンネットの中で『シビレエイ』を飼うとか。
まぁ、そんな感じで、化石エネルギーを使わず、人間の生活が豊かになるという、そんな感じですかね? (^^;
食うよりは、よほどマシな気がせんでもないですけど。。。(^^;

ではまた。(^^)/~~~

-シビレエイ属
-

© 2021 z-divers.com