トラウツボ属

『トラウツボ』ウツボだけどカラフルだから人気者。

トラウツボ(muraena-pardalis)

1993.07.18 大瀬崎・湾内

ウツボですが、派手な分、人気がありますよね。(^^)
個人的に言わせてもらうと、普通のウツボの方が愛嬌があると思うのですが?
名前のせいか、見た目のせいか、どうにもトラウツボの方が獰猛に見えます。

生態などは、ほぼ、ウツボと同じだそうです。
こうやって、口を開けているのもウツボと同じですけど、姿勢が若干違うような気がします。
トラウツボは割と首を斜め上に真っ直ぐ向けているイメージですが、ウツボはどちらかというと、首がもう少し出ていて猫背になって居る感じかな?
オラだけの思い込みかもしれませんけど。。。(^^;

ときどき、和歌山で暮らしていますが、南紀にいくとウツボは食べますよ。
たぶん、トラウツボも食べられているのだと思います。
南紀の土産物屋さんとかにウツボの佃煮のようなのが売ってますが、あれはウケ狙いで買っていくと言う感じですよね。
でも、本当は、地元で食べる鍋料理とかが最高です。(^^)
鉄分が多いらしく、オラのような貧血気味の人間にはありがたいことです。
そして何より、コラーゲン、たっぷり。(^^)
その上、美味しいんですから、見た目で敬遠せず、是非食べてみることをオススメします。
そして、帰りは、日本三大美人の湯、龍神温泉に入れば、もう、バッチリですよ。(^^)
和歌山県のウツボのページ

でも自分で釣り上げた場合など、アレを料理する勇気のある人はそんなに居ないと思いますので、ダメだと思ったら、逃がしてあげましょう。
針が外すのさえコワイ場合は、ハリスをちょん切ってバイバイしましょう。
決して、無駄な殺生はしないで下さいね。

ではまた。(^^)/~~~

-トラウツボ属
-

© 2021 z-divers.com