テンス属

まるで舞い落ちる枯葉のような『ホシテンス』の幼魚。




ホシテンス(Iniistius pavo)

1994.01.23 大瀬崎・湾内

花菜の選べる乳酸菌

ずっと、『テンス』だと思って居りました。
『ホシテンス』なんて、名前すら知らなんだ。(忘れていただけ? (^^;)
(唯一、手元にある図鑑『海水魚(増田一)』に載っていない。(笑))
でもまぁ、写真での完全な同定は無理なので、本当は『テンス』かもしれません。(^^;
ちゃんと、特徴の違いが解るように写真を撮ればよいのですが、水中でどんな動物に出会うのか解らないので、ワタシのおつむでは相違点を全て覚えるのは無理です。(^^;
しかも、当時は、現像という作業があり、すぐに写真を確認できるわけでもないので。。。
言い訳ばっかりだなぁ。。。(^^;
で、ネットで検索した結果、疑惑が生じました。
初めの頃、ネット情報を鵜呑みにしていたのですが、最近になって、信用できるサイトとそうでないサイトに気がつきました。(笑)
で、その後、色々調べた結果、『ホシテンス』で良いのではないか? と言うことです。
ピントが合っていないので、画像を拡大するのはお恥ずかしいのですが、そこはホレ、、、
オッサンの肉体を持ち、オバハンの精神を持ち合わせるワタクシですから、大丈夫。( ̄^ ̄)

ホシテンス(Iniistius pavo)

1994.01.23 大瀬崎・湾内

あれ? 拡大してもよく解らんなぁ。。。(^^;
恥書いただけか? (ノω・、)
まぁ、この頭の上から伸びてるツノみたいなのが、その後ろの背鰭と繋がっていないと言うことが、ホシテンスだと言うことです。
テンスは繋がっているのね? じゃぁ、オラは見てないわ。。。たぶん。。。

写真ですので解りませんが、実は、ヒラヒラというかクネクネというか、そういう感じで舞うようにふらついています。
落ち葉とかに擬態しているのでしょうかね?
ランダムな動きをするので、なかなかピントがあいません。(これも言い訳)

ホシテンス(Iniistius pavo)

1994.01.23 大瀬崎・湾内

ヒラヒラしながらも、こちらを気にしながら遠ざかろうとします。
あまり追いかけると、砂に潜っちゃったりするのですが、そのスピードがもの凄くはないです。
ファインダー越しだと、どこに潜ったのか全く解りません。
仮に潜った場所が解ったとしても掘り出すわけにいかないでしょうし。。。(^^;

ホシテンス(Iniistius pavo)

1994.01.23 大瀬崎・湾内

だめだなぁ。
これも拡大しても繋がっているかどうか解りませんね。(^^;
こっち見てますね?
悪いやっちゃなぁ。。。

ではまた。(^^)/~~~


 

界■動物界(Animalia)
-門■脊索動物門(Chordata)
-亜門■脊椎動物亜門(Vertebrata)
--上綱■有顎上綱(Gnathostomata)
-----■魚類(Pisciformes)
-----綱■条鰭綱(Actinopterygii)
------目■スズキ目(Perciformes)
------亜目■ベラ亜目(Labroidei)
--------科■ベラ科(Labridae)
---------属■Iniistius属(Iniistius)
----------種■ホシテンス(Iniistius pavo)

■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

日本産 魚類検索―全種の同定

中古価格
¥6,200から
(2018/3/22 13:29時点)

日本産魚類生態大図鑑

新品価格
¥10,260から
(2018/3/22 13:30時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 13:57時点)

-テンス属
-, , ,

© 2021 z-divers.com