ダルマオコゼ属

『ダルマオコゼ』かな? (^^;




ダルマオコゼ(erosa-erosa)

1997-.04-.29 大瀬崎・湾内

この頭のところのへこみ具合は『ダルマオコゼ』って、感じ? (^^;
『達磨』って、感じでしょう? (^^;
水中写真だとこんな感じだけれど、釣り上げるともっと達磨っぽい感じです。
ワタクシがダイビング中に見かけるのは、大抵海底でぽつんと居ることが多かった気がします。何か生物が居そうな場所ではなく、砂漠にぽつんと居る感じ?
深場からか上がってくるときに見つけたりするような、
「なんでこんなところに? 何の目的で?」
みたいなことが多かった気がするんだけど。
あんなんで、メシにありつけるんだろうか? (^^;

FPに無料で相談できます!「ほけんのFP」

本やネットで調べてみると、この魚を食べると言う人と、食べないと言う人に別れる見たいですが、この魚じゃないですが『オコゼ』は瀬戸内海とかで高級魚として扱われていますよね?
だので、食べようと思えば、この魚も食べられるし、きっと美味しいのだろうと思うけどなぁ。。。
ただ『ダルマオコゼ』が流通しているのかどうかは解らないです。
ちょっと自分で料理する気にもならないので、スルーしている感じ。(^^;


あと、この魚の学名ですけど『Erosa erosa』と、反復語になって居るのが面白いですね。
『erosa』は『かじった』とか『かみついた』とかの意味らしいです。
『かじった かじった』ってことですね。
英名は『Pacific Monkyfish』って言うらしいですけど、何だかなぁ。。。(^^;

この魚は、時々、真っ黄色のを見かけることがあるのですが、あれは何だったのだろう?
水深かな?
水温かな?
真っ黄色でもやはり砂地の中でぽつんと居るので、たぶん擬態ではないと思われ。。。
感覚的には、若干深めかなぁ? って、感じはするんですけど、水深まできちんと記憶しているわけではないし。。。
最近の水中で使うデジタルカメラとかは、撮影データに水深とか残るの?
もしそうだったら、便利だよねー?
水温とかも残れば、そのまんまログブックになるものね? (^^;
黄色い個体の写真が見つかれば、別記事書きますね。(^^)

ではまた。(^^)/~~~


界■動物界(Animalia)
-門■脊索動物門(Chordata)
-亜門■脊椎動物亜門(Vertebrata)
--上綱■有顎上綱(Gnathostomata)
-----■魚類(Pisciformes)
-----綱■条鰭綱(Actinopterygii)
------目■スズキ目(Perciformes)
------亜目■カサゴ亜目(Scorpaenoidei)
--------科■オニオコゼ科(Synanceiidae)
--------亜科■オニオコゼ亜科(Synanceiinae)
----------属■ダルマオコゼ属(Erosa)
-----------種■ダルマオコゼ(Erosa erosa)

海のお友達マスコット (ダルマオコゼ)

新品価格
¥380から
(2018/4/24 11:40時点)

海中散歩 おともだちマスコット ダルマオコゼ

新品価格
¥400から
(2018/4/24 11:40時点)


■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

日本産魚類検索 全種の同定

新品価格
¥37,800から
(2018/3/23 18:28時点)

日本産魚類生態大図鑑

新品価格
¥10,260から
(2018/3/22 13:30時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 13:57時点)

改訂新版 海水魚 ひと目で特徴がわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2018/3/22 13:58時点)

-ダルマオコゼ属
-, , ,

© 2021 z-divers.com