エボシカサゴ属

『エボシカサゴ』のメスだと思うんだけどなぁ。。。(^^;




エボシカサゴ(Ebosia bleekeri)

1993.12.05 富戸・ヨコバマ

【麹の生酵素 菌活ぷらす】


たぶん、タイトルの通り、エボシカサゴのメスだと思います。
エボシがあれば、もう、ほぼ、間違いないのですけど。。。(^^;
目の上にちょっとだけその片鱗があるのですが、解りますでしょうか? (^^;
15センチくらいの若い個体だったので、まぁ、こんなものなのかもです。(^^;

独断と偏見の見分け方で言わせてもらいますと、、、(^^;
目の上にちょっとツノみたいなのがある。
目の下、ほっぺた辺りがつるんとして、何も突起がない。
背びれが、ツンツン。
胸びれが、切れていなくて、ぼやっとした大きな茶色い斑点模様。
尾びれの付け根の模様がT字型ではない。
尾びれが透明。
等々、、、
勝手に決めつけて分類しておりますが、よい子はまねしないで下さい。(^^;

あと、良く泳いでいたので、
「そうなんじゃないかなぁ?」
と、思いました。
ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、エボシカサゴなどは、良く泳ぐ気がします。
反対に、キリンミノ、ヒメヤマノカミ、シマヒメヤマノカミなどは、じっとしていることが多いように思います。
これも、独断と偏見です。(^^;
ワタクシが潜ったときだけそうだったのかも知れないし、記憶違いかも知れません。。。(^^;

大瀬崎で言うと、エボシカサゴは、割と数の少ない方だと思います。
居ないわけじゃ無いですけど、そんなに出会った記憶がないですね。
あと、
「居たよぉ。(^^)」
とか、教えてもらっても、見つからなかったり。。。(^^;
やっぱり、泳いで移動するのが得意な魚なんだと思います。

まぁ、ダイビングは、やっぱり、ホームになる現地サービスを決めて、通い続けるのが一番良いですね。(^^)
解らない動物の名前とか聞けばすぐ教えて貰えるし、顔見知りとかできるとそれだけで情報が多くなるので、有利ですよね。(^^)

それにしても、写真に写っている、友人のビデオカメラのハウジング。。。
年代を感じますよねーーー。(^^;

ではまた。(^^)/~~~


 

界■動物界(Animalia)
-門■脊索動物門(Chordata)
-亜門■脊椎動物亜門(Vertebrata)
--上綱■有顎上綱(Gnathostomata)
-----■魚類(Pisciformes)
-----綱■条鰭綱(Actinopterygii)
------目■スズキ目(Perciformes)
------亜目■カサゴ亜目(Scorpaenoidei)
--------科■フサカサゴ科(Scorpaenidae)
--------亜科■フサカサゴ亜科(Scorpaeninae)
----------属■エボシカサゴ属(Ebosia)
-----------種■エボシカサゴ(Ebosia bleekeri)

愛媛産 【 カサゴ 】(120-200g×2-4匹=約400-500g)宇和海の幸問屋

新品価格
¥3,444から
(2018/3/23 18:04時点)

世界一やさしい海釣り入門 最高においしい魚たちを最高に楽しく釣るための超入門書

新品価格
¥1,620から
(2018/3/23 18:05時点)


■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

日本産 魚類検索―全種の同定

中古価格
¥6,200から
(2018/3/22 13:29時点)

日本産魚類生態大図鑑

新品価格
¥10,260から
(2018/3/22 13:30時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 13:57時点)

改訂新版 海水魚 ひと目で特徴がわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2018/3/22 13:58時点)

-エボシカサゴ属
-,

© 2021 z-divers.com