イモガイ科

『イモガイ』の仲間。

イモガイ(conidae)

1993.11.06 大瀬崎・ナイト

イモガイの仲間だと思います。
『アンボイナガイ』なのかなぁ? と思ったのですが、ちょっとこっちの方が丸みがあって、なんとなく雰囲気が違うかなと。。。
手元に図鑑がないので、家に戻ったら調べ直します。(^^;

イモガイ(conidae)

1993.11.06 大瀬崎・ナイト

『イモガイ』の仲間 1993.11.06 大瀬崎・ナイト

眼があるんだよね?
それだけで、もう、恐いわ。。。(ノω・、)
神経毒を持っているらしく、種によって毒性は違うみたいです。
人が死ぬ場合もあるとか。
致死量の30人分とか。
と、とにかく刺されないようにしないといけません。(ノω・、)
刺されたとしても、その時に、すぐに激痛が走るわけではないらしいです。
しばらくすると激痛が走り、腫れてきます。
その後、嘔吐、めまい、発熱などの症状が出てきます。
血清がないらしいので、体から毒が抜けるまでがんばる以外方法がありません。
もし刺されたときは、ポイズンリムーバーなどで吸い出すことも有効です。
あとは、周りの人に知らせ、救急車がくるまで、人工呼吸をして凌ぎます。
とにかく、刺されないことが重要ですよね。

とても獰猛で肉食性。
トロトロした動きですが、毒針で動いている魚もシビレさせてから食べる。
不気味なのは、探索型と待ち伏せ型が居て、待ち伏せ型の方がコワイ。
写真のイモガイは、のそのそ歩いていたので、探索型。
なにせ、眼があるからなぁ。。。

ただ、天敵は、別の種のイモガイだったりもする。
あとは、殻の固い甲殻類には、毒針が聞かないので、捕まえられると終わり。
カラッパみたいな、ちょっとゆるキャラ系に食われるというのは何とも不思議な感じがしますよね。(^^;

そんな猛毒を持つイモガイの仲間ですけど、貝殻はキレイで人気ですよね。
コレクターの方も沢山居るんじゃ無いかなぁ?
先ほど書いたように、猛毒なので、刺されないようにしましょうね。
イモガイの仲間は種類が多いですし、一つの種であっても、形や大きさ、模様が違うので、コレクター心をくすぐられますよね。
くれぐれも気をつけて下さいね。(^^)

ではまた。(^^)/~~~

界■動物界(Animalia)
-門■体動物門(Mollusca)
-亜門■甲殻亜門(Crustacea)
---綱■腹足綱(Gastropoda)
---亜綱■直腹足亜綱(Orthogastropoda)
----上目■新生腹足上目(Caenogastropoda)
------目■吸腔目(Sorbeoconcha)
------亜目■Hypsogastropoda亜目(Pleocyemata)
-------下目■新腹足下目(Neogastropoda)
--------上科■イモガイ上科(Conoidea)
----------科■イモガイ科(Conidae)

-イモガイ科
-,

© 2021 z-divers.com