スズメダイ属

『コガネスズメダイ』と『マツバスズメダイ』。




コガネスズメダイ(chromis albicauda)

1994.01.08 岬の先端

火災保険の一括見積もりサービス

コガネスズメダイは、前回書いたものは、少し大きめの幼魚ですね。(^^)
今回のは成魚です。
ちょっと深めですかね。

前回も書きましたが、これくらいの大きさになると、産卵期にペアになる以外は単独で行動していることが多いです。
後ろにマツバスズメダイが居りますが、なぜか、他のスズメダイと混泳していますよね?
なんでかなぁ? (^^;

なんか、寡黙そうに見えますが、おそらく寒いのでしょうね? (^^;
流れに向かってじっとしているのがやっとの様子でした。涙
自然界はちびしいのぉぉぉ。(ノω・、)

ちょっと解らないのが、この魚は最初からオスメス分かれているのでしょうか?
それとも性転換するのかな?
でも、群れない魚なので、それも変だしなぁ。。。

婚姻色はある?
ワタクシは見たことがないです。
普通に、ペアになってますよね? (^^;

死滅回遊魚?
それとも伊豆辺りで産卵から成魚になっている?
卵は産んでいるようですけど。
もの凄く小さな幼魚とか見かけないので。
それとも幼魚はさらに深場に居るのかな?
あるいは表層を浮遊している?

んーーー。
解らんことが多いです。すみません。(^^;

コガネスズメダイ(chromis albicauda)

1994.01.08 岬の先端

そう言えば、ときどき、ソフトバンクホークスの応援で福岡に行くことがあるのですけど、だいたい天神辺りの東横インにとまるのですが、晩飯はそこら辺の居酒屋というのがパターンでして、もちろん、有名な博多名物のもつ鍋や水炊きなんかも食べるのですが、知らない名前の食べ物をいただくのも旅の醍醐味です。
とある居酒屋でいただいた『あぶってかも』。
スズメダイの焼いたヤツでしたけど、あれ、黄色かったからコガネスズメダイだったのかもなぁ? (^^;
なんだか、硬くて、食べるところがあまりなく、そんなに美味しくなかった記憶があります。(^^;
食べたのは、GWの頃だったと思います。
旬は、サクラの咲く頃から夏の終わりくらいと言うことだったのですが、ちょっとグロく見えたので、箸が進みませんでした。(^^;

ではまた。(^^)/~~~


 

界■動物界(Animalia)
-門■脊索動物門(Chordata)
-亜門■脊椎動物亜門(Vertebrata)
--上綱■有顎上綱(Gnathostomata)
-----■魚類(Pisciformes)
-----綱■条鰭綱(Actinopterygii)
------目■スズキ目(Perciformes)
------亜目■ベラ亜目(Labroidei)
--------科■スズメダイ科(Pomacentridae)
--------亜科■スズメダイ亜科(Chrominae)
----------属■スズメダイ属(Chromis)
-----------種■コガネスズメダイ(Chromis albicauda)

(海水魚)沖縄産 コバルトスズメダイ(5匹) 本州・四国限定[生体]

新品価格
¥1,689から
(2018/3/23 16:44時点)


■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

日本産 魚類検索―全種の同定

中古価格
¥6,200から
(2018/3/22 13:29時点)

日本産魚類生態大図鑑

新品価格
¥10,260から
(2018/3/22 13:30時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 13:57時点)

改訂新版 海水魚 ひと目で特徴がわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2018/3/22 13:58時点)

-スズメダイ属
-,

© 2021 z-divers.com