クマノミ属

寒いのに元気な『クマノミ』。




クマノミ(Amphiprion clarkii)

1997.01.04 大瀬崎・湾内

実感できる満腹感!!すっきり習慣!

クマノミ、、、相性が悪いんですよねー。(ノω・、)
どうしてもこうやって、正面に相対しちゃうんです。
「今度こそ、真横から撮ってやろう! (`´)」
と、意を決して、シャッターチャンスを待つのですが、
「今ダッ!!! (`´)」
と、シャッターボタンを押した瞬間、こっち向いちゃうんですよねーーー。(ノω・、)
なんでかなぁ?
他の人の写真を見ると上手に横から撮ってますよね?
相性だけじゃなくウデなのかもしれません。。。(^^;

で、クマノミですが、この時期に観察できると言うことは、ほぼ、年越しをしているのでしょうね。確認はしておりませんが、産卵もしているのだと思われ。。。
「クマノミの家族と言われるけど、あれは家族ではなく全くの他人同士」
と言うのをどこかの水族館で見たか聞いたかしたのですが、それが本当なら、大瀬崎のような生息地がほぼ一つのイソギンチャクしかない場合、どうするんですかね? (^^;
さらに北を目指して行くのでしょうか?
軟弱なヤツは、
「役目は終わった」
とか言って、南の方に帰っちゃうのでしょうかね? (^^;

話は変わりますが、近所に『クマノミドー眼科』という目医者さんがありまして、
「よほどクマノミが好きなんだろうなぁ。。。(^^)」
と、思って居りました。
「今度、目の具合が悪くなったら行ってみよう」
と、絶対に待合室にクマノミが泳いでいるのだと思い込んでおりましたのですが、、、
実際に言ったことはないですけど、名前の由来は本名らしく『熊埜御堂』と書くらしいです。
なんとなくしてやられた感。。。
まぁ、勝手に思い込んでいただけですけど、でもカタカナで『クマノミドー眼科』というのは、やっぱどこかちょっとだけでもクマノミにあやかろうとしたのではないかなぁ? (^^;

この写真のクマノミが住み家にしているイソギンチャクは、マバラシライトイソギンチャクというやつかな?
クマノミを飼育するときの必需品みたいです。
ちなみにこれは、共生なんでしょうか? 寄生なんでしょうか?
マバラシライトイソギンチャクにとって、メリットもデメリットもないような気がするのですけど。
もしそう言うメリットもデメリットもなくて一緒に暮らす関係はなんという言葉で表せば良いのでしょうかね? (^^;
同棲? (^^;

ではまた。(^^)/~~~

(海水魚 熱帯魚)カクレクマノミ(国産ブリード)(2匹) 本州・四国限定[生体]

新品価格
¥2,180から
(2018/3/21 17:25時点)


界■動物界(Animalia)
-門■脊索動物門(Chordata)
-亜門■脊椎動物亜門(Vertebrata)
--上綱■有顎上綱(Gnathostomata)
-----■魚類(Pisciformes)
-----綱■条鰭綱(Actinopterygii)
------目■スズキ目(Perciformes)
------亜目■ベラ亜目(Labroidei)
--------科■スズメダイ科(Pomacentridae)
--------亜科■クマノミ亜科(Amphiprioninae)
----------属■クマノミ属(Amphiprion)
-----------種■クマノミ(Amphiprion clarkii)


-クマノミ属
-,

© 2021 z-divers.com