ヒメギンポ属

『ヒメギンポ』さん? メスかなぁ? (´・ω・`)




ヒメギンポ(Springerichthys bapturus)

1996-11-16 大瀬崎・湾内

ヒメギンポ(Springerichthys bapturus)かなぁ。。。
見下ろしてますよね? 生意気なヤツ。。。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

こういう風にド派手何ですが、割と周りの風景に溶け込んで居ますよね? よくしたもんですね。
でもまぁ、このカラフルさの魚はやはり大瀬崎辺りではそうたくさん居るわけじゃ無いので、初めて見たときはびっくりします。
「新種発見かっ!!! ハッ!Σ( ̄□ ̄;」
って、感じですかね?
でも、いっぱい居るんですよね。実は。。。(笑)

ヒメギンポ(Springerichthys bapturus)

1996-11-16 大瀬崎・湾内

メスだろうと思いますが、メスも婚姻色を出すのですかねー?
何となく婚姻色を出すのはオスのイメージが強いのですけど。
鳥とかも彩りの良いのはオスだったりするし。(^^)

オスの写真もあったと思うのですが、探し出せないのでまた出てきたらアップします。m(__)m

名前の通りギンポの仲間なんですが、『ヒメ』というのは何を指しているのですかねー? (´・ω・`)
ヘビギンポ属に属しているので、『ヘビギンポ』よりは可愛いという感じでヒメギンポという名前をつけたのでしょうかね?
それともこの体色の模様の感じがお姫様っぽい? どうなんでしょうかねー? (^^;


ヒメギンポは、釣った記憶がないなぁ。。。
記憶がないだけで釣っているのかなぁ。。。
コレだけ炒るのだから、釣れてもおかしくはないと思うのだけど、記憶に無いです。

もちろん、食べた記憶もないです。
食べられへんのかな? (^^;
まぁ、確かに小さいけど。。。
でも、このくらいのサイズのハゼは釣って食べるよね?

「どうなっているのだろう? (´・ω・`)」
と、思って、ネットをググって見ると、もう、、、
『これでもかっ! (`・ω・´)』
って、くらい、婚姻色と産卵の話で溢れておりまして。。。(^^;
まぁ、確かに、冒頭に書いたように、これだけド派手で数も沢山居て目立つのですから、解らなくは無いですけど、これじゃぁ、一年中発情している魚というイメージに。。。(笑)

それにしても、見事に、釣りや、食味や、飼育方法など、他の魚では割とヒットするのに、この魚では全くと言って良いほど見当たりませんでした。
なんか、納得できないので、帰省したついでに釣行しようかなと思います。
でも、仕掛けとか何を使えばよいものか。。。(´・ω・`)
まぁ、店員に聞いてみるか。。。(^^;

ではまた。(^^)/~~~


界■動物界(Animalia)
-門■脊索動物門(Chordata)
-亜門■脊椎動物亜門(Vertebrata)
--上綱■有顎上綱(Gnathostomata)
-----■魚類(Pisciformes)
-----綱■条鰭綱(Actinopterygii)
------目■スズキ目(Perciformes)
------亜目■ギンポ亜目(Blennioidei)
--------科■ヘビギンポ科(Tripterygiidae)
---------属■ヒメギンポ属(Springerichthys)
----------種■ヒメギンポ(Springerichthys bapturus)

魚たちの繁殖 ウォッチング: 求愛から産卵まで、その知られざる営み (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2018/4/26 13:52時点)


■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

日本産魚類検索 全種の同定

新品価格
¥37,800から
(2018/3/23 18:28時点)

日本産魚類生態大図鑑

新品価格
¥10,260から
(2018/3/22 13:30時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 13:57時点)

改訂新版 海水魚 ひと目で特徴がわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2018/3/22 13:58時点)

-ヒメギンポ属
-, ,

© 2021 z-divers.com