クロスジリュウグウウミウシ属

竜宮って? (^^; 『セトリュウグウウミウシ』。




セトリュウグウウミウシ(nembrotha-purpureolineata)

1996.11.09 大瀬崎・湾内

カラフルなウミウシは多いけど、コイツは別格ですね? (^^;
カラーチャートのような体色をしてます。(^^;
しかも、結構動くので目立つんだなぁ。。。
やっぱり、
「オレには毒があるんだぜっ! ( ̄ー ̄)ニヤリッ」
と、アピールしているんでしょうかね? (^^;
こうやって、逆に目立つことによって、身を守っているのかも知れませんね?

黒酢を超えた「黒にんにく酢」で朝から元気に!

カラフルでキレイなんですが、コイツが大量に発生したとなると、割と気持ち悪い気がする。。。(^^;
希少だからゆるされるのかも知れませんよね?
あと、、、
大きさね。
せいぜい、5センチ程度だから良いけど、コイツが30センチクラスだとかなりコワイ気がする。。。(^^;

何が『セト』なんでしょうかね?
地名かな?
それとも人命かな?
よく解りませんね。
ネットを検索しても、名前の由来っぽいのは出てきませんでした。


遭遇する季節は冬っぽい気がします。
(オラがその季節に会っているだけ? (^^;)
なので、
「他の季節は、どこに居るんだろうか?」
と思ったりします。
例えば、『アオウミウシ』なんかだと、一年中居ますよね?
でも、ウミウシは種によって、出会える季節が限られるものがあるような気がするのですが?
魚で言うところの無効分散(死滅回遊)って、感じなのでしょうか?
よく解りませんが。。。(^^;
まぁ、でも、全体的にウミウシは寒い頃かな?
それとも、寒い頃には、魚が少ないので、ウミウシに目が行くのかな? (^^;
図鑑とかも、分布範囲みたいなのは書いてあるのだけれども、出現する季節とかはあまり書かれていませんよね?
でも、あきらかに、季節物が居ると思うのだけどなぁ。。。

あと、交接しているのを見たことがある気がするので、産卵はこの辺でされていると思うのだけれどなぁ。。。

さて、、、
もちろん、ウミウシなので、食しません。
人間の関わり合いは、鑑賞目的がメインでしょうね?
でも、これだけキレイでも、
飼育下だと色落ちしてしまうんだろうなぁ。。。
残念。。。

ではまた。(^^)/~~~


界■動物界(Animalia)
-門■軟体動物門(Mollusca)
--綱■腹足綱(Gastropoda)
--亜綱■直腹足亜綱(Orthogastropoda)
---上目■異鰓上目(Heterobranchia)
-----目■裸鰓目(Nudibranchia)
-----亜目■Doridina亜目(Doridina)
------上科■Polyceroidea上科(Polyceroidea)
--------科■フジタウミウシ科(Polyceridae)
---------属■クロスジリュウグウウミウシ属(Nembrotha)
-----------種■セトリュウグウウミウシ(Nembrotha purpureolineata)

セトウツミ

新品価格
¥2,500から
(2018/4/23 21:26時点)

KATO Nゲージ 24系25形 寝台特急「瀬戸・あさかぜ」 7両基本セット 10-1484 鉄道模型 客車

新品価格
¥11,940から
(2018/4/23 21:27時点)


■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

日本産魚類検索 全種の同定

新品価格
¥37,800から
(2018/3/23 18:28時点)

日本産魚類生態大図鑑

新品価格
¥10,260から
(2018/3/22 13:30時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 13:57時点)

改訂新版 海水魚 ひと目で特徴がわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2018/3/22 13:58時点)

-クロスジリュウグウウミウシ属
-, , , ,

© 2021 z-divers.com