イラ属

『イラ』の幼魚だと思われ。(^^)




イラ(Choerodon azurio)

1996-11-16 大瀬崎・湾内

【中性脂肪が気になる方に】ニッスイのトクホ、イマークS

イラ(Choerodon azurio)の幼魚だと思います。
これも親とは似ても似つかぬ姿ですね? (^^; 親はこちらです。

特徴もこれと言ってないので、
「コイツはイラの幼魚」
と丸暗記するような感じで無いと覚えられないですよね。(^^;

成魚はかなり大きなものを見かけますので、ここら辺りで産卵しているのでしょうか?
それともやはり南の海で生まれて、潮に乗ってやってくるのでしょうか?
伊豆半島辺りで生まれているのなら、もっとまとまった数を見かけても良いと思うのですが、感覚的には成魚より遭遇率は低いように思います。
種によって違うのかも知れませんが、魚ってもの凄い数の卵を産みますから、ここら辺で産んでいるのなら、わんさか良そうなんですけどね? どうなのでしょうかね?
ダイビング中も釣りをしているときもそこそこ出会うので、伊豆半島辺りで産卵している可能性も捨てきれませんね。

イラの成魚もそうなんですけど、割と好奇心が旺盛で、この写真の幼魚もはっきりとこっちを見ていますよね?
この観察力がものを言うのか、エサ取りが上手です。つまり、頭が良いのだと思います。
この魚を狙って釣りをすることは無いでしょうけど、クロダイやメジナなんかを釣っているときエサどりしているのはこのイラなんじゃ無いかと? (^^;
ボラとかは、アホなので釣れちゃうんですよね。でもイラはエサだけ取っていくという感じで、その何回かに一度釣れちゃうと言う感じかなぁ?
クロダイもダイビング中に見かけると、すごく好奇心が強く、しかも観察力もすごいです。やはり頭が良いのだなぁと思います。
その点、ボラはなぁ。。。(^^; 猪突猛進というか、、、(^^;



このイラの成魚を
「アマダイに似ている」
と言う人が居ますが、似てますか? (^^;
頭の形がそんな気がしなくも無いですけど、でも、全体的に似ていますかねー? (^^;

美味しいのだけど、この姿のまま食卓に出すのはどうなんだろう? (^^;
切り身にしちゃと料理方法は色々あるのでしょうね。
美味しく食べられる外道だと思われ。。。
スーパーとかで売っていないのが残念。(ノω・、)

ではまた。(^^)/~~~


界■動物界(Animalia)
-門■脊索動物門(Chordata)
-亜門■脊椎動物亜門(Vertebrata)
--上綱■有顎上綱(Gnathostomata)
-----■魚類(Pisciformes)
-----綱■条鰭綱(Actinopterygii)
------目■スズキ目(Perciformes)
------亜目■ベラ亜目(Labroidei)
--------科■ベラ科(Labridae)
---------属■イラ属(Choerodon)
----------種■イラ(Choerodon azurio)

ちいさなことにイライラしなくなる本

新品価格
¥1,404から
(2018/4/22 15:45時点)

イライラしなくなるちょっとした習慣~60万人の怒りをしずめてきたアンガーマネジメントのテクニック

新品価格
¥1,404から
(2018/4/22 15:46時点)

【図解】お坊さんが教える イライラがスーッと消える方法

新品価格
¥1,000から
(2018/4/22 15:46時点)


■■■ 参考にさせていただいた、ご本。 ■■■

日本産魚類検索 全種の同定

新品価格
¥37,800から
(2018/3/23 18:28時点)

日本産魚類生態大図鑑

新品価格
¥10,260から
(2018/3/22 13:30時点)

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥3,888から
(2018/3/22 13:57時点)

改訂新版 海水魚 ひと目で特徴がわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2018/3/22 13:58時点)

-イラ属
-, , ,

© 2021 z-divers.com